さて、今回はアクセサリー業界。女性が憧れる世界は、おやじ会では全くピンとこない世界のため、四苦八苦。前回も音楽演奏会業界でイメージがなかなかわかず苦労し連チャンとなってしまいました。

指輪が持つブランド力をうまく引き出せたか不安でブランディングアドバイスが弱かったように思えます。
それでも、テクニカル面の診断が多くなってしまいましたが、逆にあまり指摘されなかったポイントだったようで、好評を得ることができました。